日本の水道水の品質は高いとされている一方、近年では水道管の老朽化を原因とする水道水の品質の悪化が目立つようになり、そのことや貯水タンクの汚れなどが水道水から生じる異臭の原因となっているケースもあります。

W
NoLifeNoWater
水道水がまずい原因4つ!ウォーターサーバーでおいしい水を飲もう > 水道管の老朽化が水道水の風味に及ぼす影響とは

水道管の老朽化が水道水の風味に及ぼす影響とは

日本の水道水の安全性のレベルは世界的に見ても非常に高いとされていることから、水道管の状態に関しても問題はないと思っている方は少なくないでしょう。しかしながら、昨今では水道管の老朽化を原因とする水道水の品質の劣化は多くみられるようになり、一様に安全であるとはいい切れないのが現状となっています。

公用の水道管の老朽化が著しい原因

地中に埋まっている水道管

道路の下などに埋没されている公用の水道管は、ほとんどが1960年代から1970年代の高度経済成長期に設置されたものとなっています。その一方で、公用の水道管の耐久年数は40年ほどとなっているにもかかわらず、現状でその交換工事は必ずしも順調に進んでいるわけではなく、中には耐久年数を大幅に超えているにもかかわらず、いまだに使用されているものも存在します。

そのため、現状で老朽化した公用の水道管は日本全国に数多く存在し、そのことが水道水の品質にも大きな影響を及ぼし始めているともいわれています。

水道管の老朽化が水道水を臭くする原因

サビのイメージ

老朽化した水道管の内部は錆などが生じ、わずかな衝撃が加わるだけでもその錆がはがれ、水道水に混入することがあります。

そのため、かつては水道水が鉄臭くなるのはマンションなどの公共住宅に多いとされていたものの、現在では戸建ての住宅などでも同様の水道水の品質の悪化が生じる可能性が出始めているといえます。

マンションの場合は貯水タンクの汚れにも注意

屋上にある貯水タンク

マンションの場合は屋上に設置した貯水タンクに水をため、そこから各部屋へ水の供給を行うことが多いですが、このようなタイプのマンションでは貯水タンクの汚れが水道水から生じる異臭の原因となるケースもあります。

そのため、マンションにて水道水から異臭が生じ始めた場合は、管理会社やオーナーに連絡を入れ、貯水タンクの清掃を依頼してみるのも有効です。

水道管の老朽化が水道水の風味に及ぼす影響とはを読まれたあなたにオススメの記事