浄水器にはさまざまなタイプがあり、具体的には蛇口直結型、据え置き型、アンダーシンク型、ポット型、シャワー型、ストロー型などが存在します。そのため、購入にあたっては目的に合ったものを探す必要があります。

W
NoLifeNoWater
水道水がまずい原因4つ!ウォーターサーバーでおいしい水を飲もう > 浄水器にはどのようなタイプのものがあるの?

浄水器にはどのようなタイプのものがあるの?

単に浄水器といってもその種類は多岐にわたります。続いては、浄水器を6つの種類に分類し、それぞれの特徴や使用用途などについて解説します。

蛇口直結型
蛇口直結型浄水器

最も典型的な蛇口につけるタイプの浄水器を「蛇口直結型」といいます。このタイプの商品は非常に多い分、商品ごとの性能の差も大きく、購入時には口コミなど、第三者の評価も参考するのがおすすめです。

据え置き型

キッチンのシンクに設置する若干大きめの浄水器を「据え置き型」といいます。性能のよいろ過機能を搭載していることが多い反面、場所を取るというデメリットもあります。

アンダーシンク型
アンダーシンク型でスッキリとしたキッチン

キッチンのシンクの下に取りつけるものを「アンダーシンク型」といいます。このタイプは据え置き型と同等のろ過機能を搭載しているだけでなく、シンクを占有しないというメリットもあります。

ポット型
ポット型浄水器

内部にろ過装置が搭載されたポット型の浄水器も存在します。このタイプでは水を入れ、数時間そのままにしておくと、ろ過された水がポットの底にたまる仕組みになっています。また、最近では同様の仕組みを利用した水筒型のものも登場しており、持ち運びがしやすいものも多いようです。

シャワー型

蛇口直結型と同様に蛇口に取り付けるタイプの浄水器ですが、こちらはシャワータイプになっているため、お風呂などでの使用に適しています。そのため、浄水機能は飲み水の生成を目的としたものよりも劣ることが多いという特徴もあります。

ストロー型

小型のろ過装置が搭載されたストロー型の浄水器も存在します。このタイプはコップに入れた水道水をろ過しながら飲むことができるため、きれいな水の確保が難しくなる災害時の使用などに適しています。

以上のように、浄水器には多種多様な種類が存在し、各々でろ過機能の精度も大きく異なります。そのため、購入を検討する際には目的に合ったタイプのものを探すのがおすすめです。