ボトル型ウォーターサーバーや浄水器は、水道水から異臭などが生じている場合に有効な対策となります。この2つには、費用や水の安全性、使用する上で生じる手間などに大きな違いがあり、それぞれにメリット・デメリットが存在します。

W
NoLifeNoWater
水道水がまずい原因4つ!ウォーターサーバーでおいしい水を飲もう > ウォーターサーバーと浄水器を比較してみました!

ウォーターサーバーと浄水器を比較してみました!

水道水の味やにおいが気になるという方の中には、ウォーターサーバーと浄水器のどちらを利用しようか決めかねているという方も多いかもしれません。続いては、特に、普及率の高いボトル型ウォーターサーバーと浄水器の特徴を比較し、その違いについて解説します。

費用

VS

ウォーターサーバーと浄水器を使用する上で必要となる出費が気になるという方は多いことでしょう。

ウォーターサーバーの場合、必要となる基本的な費用は、水の購入費、サーバーのレンタル代、電気代などとなります。このうちサーバーのレンタル代は無料としている業者も多いものの、水の購入費と電気代は毎月発生することとなります。

一方で浄水器の場合は、浄水器自体の購入費と水道代、また場合によっては交換用のフィルターなどの購入費が必要となることもあります。浄水器の値段はものによって異なるため一概にはいえませんが、フィルターの交換は数カ月に1回程度であるため、実質必要な費用は浄水器の購入費と水道代のみです。

水のにおい、味、安全性

グラスに注がれる美味しそうな水

ウォーターサーバーの場合、使用する水は天然水やミネラルウォーターであるため、におい、味、安全性に問題が生じることはほぼないと考えて問題ありません。

その一方で、浄水器のろ過機能は、ものによって大きな差があるため、場合によっては水道水特有のカルキ臭などが残ることもあります。ただし、水道管の錆などの大きめの不純物のろ過はほぼ問題なく行えるため、安全性に問題が生じることはほぼないといえます。

使用する上で生じる手間

ボトル式サーバーのストックボトル

ボトル型ウォーターサーバーの場合、ボトルの交換を行わなければならないため、配送時の受け取りなども含めると、若干の手間がかかります。

それに対し、浄水器の場合は設置した後は数カ月に1回程度のフィルターの交換などを行う以外に手間はかからず、この点においてはウォーターサーバーよりも大きなメリットがあるといえます。

ウォーターサーバーと浄水器を比較してみました!を読まれたあなたにオススメの記事